サービス

スタッフブログ

挙式までの流れ

スタッフブログ

和 装

和装

白無垢

白無垢

神前挙式 披露宴お迎え

白い掛下に白い打ち掛けを羽織り、帯や小物に至るまで、

すべて白一色で統一した装いのこと。

 

現在もっともポピュラーな和の花嫁衣装だといえます。

清純無垢を表す「白」は「これからどんな色にも染まります」

という花嫁の思いのあらわれ。

もともと神に仕えるときの衣装が白だったことから結婚を神に報告する婚礼の儀式でも用いられるようになったともいわれています。

 

最近では洋髪で白無垢を着られる方も多くなっています。

胸元には懐刀(刀)と箱迫(はこせこ:鏡や櫛などを入れる入れ物)

または懐紙入れを、手には金または銀の扇子を持つのが正式な装いです。

これらの小物はすべて白。

ぞうりも白い布製のものや銀の布製のものを用います。

色打掛け

色打掛け

披露宴入場

色打掛けは白またはピンクの掛下に鮮やかな打ち掛けを羽織ります。

華麗な刺繍や織り模様を施した色打掛けは息を飲むばかりの華やかさ。

おめでたい日にぴったりの装いです。

 

白無垢同様式服として使用することができますが、

挙式は白無垢で行い披露宴で色打掛けに着替えて

両方の装いをすることが多いようです。

 

白無垢のときと異なり、金や銀の箱迫、

華やかな色の入れ物に入った懐刀など、

小物は華やかなものが用いられます。

ぞうりも白のほか金のものを組み合わせることができます。

詳細につきましてはお問い合わせいただきますようお願いいたします。お気軽にご連絡ください。

ページTOPへ